ワキガと多汗症

ワキガの原因は色々とありますが、その中の一つとして、多汗症があるといわれています。ワキガと多汗症、これはかなり関わり合いが深く、ワキガの人で多汗症になっている人は多いですし、多汗症の人がワキガになっているというケースも多いのが現状です。多汗症の人というのは、エクリン線から、出る汗の成分が原因で、ワキガとは直接かかわっているアポクリン汗腺ではないのであまり関係がないと思っている人も多いかも知れませんが、エクリン線からの汗が大量だと、臭いが増える可能性があるのです。ワキガの人が必ずしも多汗症だということではありませんし、多汗症の人が、必ずしもワキガであるということもないのですが、ワキガの人が多汗症も併発していると、普通のワキガにくらべるとさらにワキガの臭いがきつくなる可能性が高いことは知られています。ワキガに悩んでいる人の多くが多汗症にも悩んでいることも多く、クリニックなどに相談をした場合には、ワキガ治療と、多汗症治療の両方を受けるという人も少なくありません。クリニックでカウンセリングを受けようと思っている人の場合には、まずは、自分がワキガにも悩んでいて多汗症にも悩んでいるといいうことを、しっかりと伝えましょう。そしてこの両方からワキガの治療を行うようにカウンセリングの結果治療方法が確定すると思います。ワキガの治療と多汗症の治療は同じ方法で同時に行うこともできる場合もあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

すそワキガ

すそワキガというのは、ワキガの一つではあるのですが、普通のワキガは脇の部分の臭いが独特なにおいなのに対して、すそワキガというのは、陰部の臭いがするというものです。すそワキガの原因もワキガの原因と同じく、アポクリン線が多くあることが原因です。すそワキガと呼んだり、下ワキガというような呼び方もしています。ワキガの症状が出ている人の場合には、すそワキガも併発している人も多いという特徴があります。ワキガ体質の人はアポククリン汗腺が体質的に体に多いことがワキガの原因です。すそワキガの原因も陰部のアポクリン汗腺が多いことが原因です。予防法としては常に清潔に保つことが大切で、ワキガ用の石けんなどを利用して、陰部も殺菌や薬用の石鹸で綺麗に洗って清潔に保つことが必要です。すそワキガは、陰部なので蒸れやすく、特に臭いがワキガ以上に強くなることも多いのですが、蒸れないように工夫をしたり、下着をこまめに変えるなどの対処も必要です。陰部というデリケートな部分だけに、スプレーをするなど普通のワキガとは対処法が違ってきますが、すそワキガも清潔を保つことが一番大切なことですから、常に清潔を保って、あまりにも症状がひどい場合には、病院や専門の外科などで見てもらって、カウンセリングを受けることが大切だと思います。ワキガ以上にデリケートな部分でありますから、相談しにくいと思いますが、治療法を一緒に考えてもらった方がいいでしょう。