ワキガとアルコール

ワキガとアルコールはかなり密接な関係にあります。アルコールは適度な量飲むくらいならいいのですが、アルコールの量が多すぎると、ワキガを悪化させたり、ワキガの原因になってしまうこともあるのです。アルコールは健康のために、少量毎日摂取るするのは全く問題がないのですが、過度のアルコール摂取では、ワキガ体質の人は、ワキガの原因になっているアポクリン線とエクリン線の働きを活発にすることになりますから、さらにワキガの症状が悪化するといってもいいと思います。アルコールの飲みすぎの人は、ですから、ワキガの普通の人よりも強烈なにおいになるのです。それだけでなくアルコールは飲めば、アセトアルデヒドという成分が体の中で作られることになります。これは血液から、肺や皮膚を通って外に排出されますが、アルコールを摂取した人のそばへ行くと、お酒臭いことがありますが、そのせいです。口臭や体臭もこのアセトアルデヒドのおかげで臭いにおいにつながりますから、ワキガ体質の人が、アルコールを過剰に摂取すれば、ワキガの臭いと一緒に、アルコールのアセトアルデヒドの臭いも悪化して、体臭が最悪になると思いますので、十分に気をつけなければいけません。アルコールによるアセトアルデヒドの臭いが出るくらいまで飲まないように、ワキガの人がアルコールを摂取する場合には、十分に気をつけて、アルコールを飲むようにしましょう。飲みすぎはワキガだけでなく、体にもよくありません。